邂逅。

img_0118

はい どうも きのこさんですよ。
 
 
 
 
今回の記事はゲームに全く関係ないので
ご注意くださいまし。
 
 
 
 
しかも読んでて楽しい気になる記事ではないので
いやな方は回れ右してご退出を。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
夜勤から帰って
疲れが溜まってたので
泥のように眠って
 
 
 
 
起きて何の気もなしに
youtube開いたら
 
 
 
 
おすすめ動画に
とあるバンドのPVが。
 
 
 
 
 
 
 
久々にこのPV見たら
ちょっとおセンチな気分になりました。
 
 
 
 
 
何故か?
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
実はこう見えて(?)
きのこさんの若かりし頃は
音楽少年でした。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
小学校4年頃から
吹奏楽でテナーサックスを開始。
 
 
 
 
今や〇ックス専門ですけども。
 
 
 
 
 
 
 
 
高校になったら
何処にでもいるような
バンド少年に。
 
 
 
 
わたしはベースで
そいつはドラムでした。
 
 
 
 
 
 
 
ぼくらのバンドが
高校卒業と共に自然消滅したのち
 
 
 
 
そいつは知らぬ間に
ボーカル転身。
 
 
 
 
 
 
 
自分の事をいつしか
「カリスマボーカル」などと
名乗ってまして。
 
 
 
 
 
 
 
昔の仲間と共に
呑みに行った時に
聞いてみた。
 
 
 
 
 
 
 
カリスマボーカルとか言ってるけど変じゃね?
 
 
 
 
 
 
え?カッコよくない?
 
 
 
 
 
 
すげえダサいよ(笑)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ちょっと一部で有名になってきたこいつは
 
 
 
 
 
 
 
 
有名なAV女優との合コンも開いてくれて。
 
 
 
 
 
しみじみと良い友達を持ったなぁと(笑)
 
 
 
 
 
 
 
 
バンド仲間とのいつもの飲み会の時
 
 
 
この時に限って
 
 
 
 
 
「あいつ金厳しいみたいだから
今回の飲み会は呼ばないであげよう」
って事になり
 
そいつを除いたメンツで
いつも通りの飲み。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
昨日のお酒が残った翌朝
飲みに参加していたヤツから
朝イチで連絡が。
 
 
 
 
 
 
「おい!急いでヤフーニュース見ろ!」
 
 
 
 
 
 
 
 
 
急いでヤフーニュース見ると
 
 
 
 
 
 
 
 
 
【元蜉蝣の大佑死亡 自殺か】
 
 
 
 
 
 
 
 
 
今まで味わった事のないくらい
強烈なショックでした。
 
 
 
 
 
 
 
 
後日になって聞いた死亡推定時刻は
まさにぼくらが飲んでいた時。
 
 
 
 
 
 
 
 
無理やりにでも飲み会呼んで
好きなだけ酒飲ませてやれば良かった。
 
 
 
 
 
ツアーやら何やら
仕事で忙しそうでも
いつも必ず来れるか?って
声をかけてたのに
何故今回だけは誘わなかったのか。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
この時ばかりは
物凄い後悔の念に押し潰されそうでした。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
と、まぁこれも数年前の事で
 
 
 
 
 
 
 
ファンの方には大変失礼ですが
わたしにとっては
「ダサいカリスマボーカル」
のPVを

ふと何の気なしにたまーに見て
おセンチ(死語)な気分に浸るというお話。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
たまーにでも思い出す事が
供養になると信じて。
 
 
 
 
 

蜉蝣
the studs
大佑と黒の隠者達

 
 

前の記事    |     次の記事

2 Responses

  1. miki says:

    忘れるなんてできませんね。
    と思うけど、記憶はだんだん薄れていくこともあります。

    ただ悲しむよりも、思い出を文章にしてあげることは大切だと思います。

    親友さんの事を笑いながら思い出し、
    たくさんのお酒を、仲間たちと美味しく飲めるといいですね。

    • きのこ says:

      mikiさん

      普段思い出すなんて事は全くないんですけど
      思い出した時は思い出した気持ちを
      何かに記すのもいいかと思い
      記事にしてみました。

コメントを残す