懐古厨による懐古厨の為の信on。その3

ai3

愛、それは甘く
愛、それは強く
愛、それは尊く
愛、それは気高く
愛、愛、愛
ああ 愛あればこそ 生きる喜び
ああ 愛あればこそ 世界は一つ 愛故に人は美し
 
 
 
 
 
 
 
 
こんばんわ。
信on界のオスカルこと
萌黄徳川家のゴミ虫 きのこです。
 
 
 
 
 
突然ベルサイユのばら(宝塚ver.)の
歌詞から始まったので
「とうとう頭おかしくなったか」と
お思いのアナタ。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
正解です。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
もとい、元々おかしかったようです。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
かつて
皆の憧れであり
それを持つ者は
皆から羨望の眼差しで見つめられていた
逸品があったのをご存知でしょうか?
 
 
 
 
 
 
 
 
その名は「愛立物
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
憎き上杉家筆頭家老 直江兼続の前立として余りにも有名。
 
 
 
 
 
 
 
信onの世界にも
愛立物が存在しており
 
 
 
大昔には
その立物を付けていた人は
本当に羨望の眼差しで
見つめられておりました。
 
 
 
 
 
 
 
それが今や安くなりおって
 
 
 
 
 
 
 
 
 
こぞって昔は取りに行ったものです。(興味ない人は全然興味無しの珍品)
 
 
 
 
 
 
どこに取りに行ったか?
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
そう、それは遠江の梓姫です。
azusa

山本梓はおれの姫

 
 
 
 
 
 
 
 
懐古企画を早くやれ
早くやらないと殺すと
マドンナM子様(伏字)に言われたので
泣きながらではありますが
皆様お待ちかねの(いいえ)懐古企画の第3弾を開催です!!!
 
 
 
 
M子はそんな事言ってない。
 
 
 
 
 
 
今回の旅の主人公はコチラ
 
 
 
 
ai1
 
 
レベル70 鉄砲 消毒きのこさんです。
 
 
 
 
やる気無い様に見えますが
この鉄砲さん 実はすごい子なのです。
 
 
 
合戦で起点してはもげて
徳川の凋落の一端はコイツにある可能性すら。
 
 
 
だが、徳川家の戦闘手柄1位を幾度も取っている
すごいお方なのです。(これが言いたかった)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
先ほど言った通り
愛立物は
遠江屋敷の梓姫のレアドロップです。
 
 
 
 
 
 
しかもレアドロップを解体して
確率で出現という
ハードルの高さ。
 
 
 
 
 
なおかつ、7体編成の為
昔はソロなんてとても無理で
徒党をわざわざ作って
狩りに逝ってました。(逝ってました
 
 
 
 
 
ai2
こちらが噂の梓姫です。
隠形薬をわざわざ飲んで行くなんて
やる気の程が窺えます。
 
 
 
 
 
 
 
 
さぁ いざ開幕です!!!
ai3
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
どうせ過去の敵
制圧射撃で瀕死じゃろ。と思い
開幕制圧射撃!!!!!
 
 
 
 
 
 
 
 
びくともしない。
 
 
 
 
 
 
 
 
しかも連発できない。(知ってた)
 
 
 
 
 
 
 
仕方ない。
 
 
 
 
チマチマ殺していくか。
 
 
 
 
 
 
 
ai4
 
 
 
 
なぜか(?)殺されそうになったので
治身露を飲む。丹でもなく仙でもなく露(必死)
 
 
 
 
 
どうしてこんなにも必死なのか?
 
 
 
 
 
 
また遠江まで走って来るのが嫌だからである。
 
 
 
 
 
たまには懐古企画で勝ってみたい。(願望) 
 
 
 
 
 
 
だがしかし
そこはやはり70鉄。
 
 
 
 
 
 
 
地力では完全にわたくしの勝ちである。
 
 
 
 
 
 
過去の遺物になぞ負ける訳がないのである。(第1弾参照)
 
 
 
 
 
 
 
着実に敵を削り(袋の中の治身露も何故か削られた)
勝利は目前である。
ai5
 
 
 
 
瀕死なのは気のせいです。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
そして勝利!!!!
かつとしではなく勝利なのである。
(寝てないから自分でも言ってる意味が分かりません御免なさい)
 
 
 
 
 
 
ドロップキター!!!!!!!!!!!!!!
ai6
 
 
 
 
あれ おかしいな?
 
 
 
 
 
土の宝玉??
 
 
 
 
 
 
なに?コレを解体すると愛立物になるの???
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
なりません。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
第3弾も不発にて終了。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
報われる日は来るのかっ!!?

前の記事    |     次の記事

コメントを残す